スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ぼちぼちトイレトレーニング
お誕生日前に何となく始めたトイレトレーニングでしたが、こちらがちょっと面倒臭くなって、誕生日直後から中断していました。

それより先に断乳しようとしたんだけど、それも断念。
いらなくなったら自然に離れる、という説を信じることにしました。

もちろん促すことはしてみようと思いますが、新しいお友だちに会ったり、オモチャを譲ったり奪われたり、喧嘩したりということが本人に大きな刺激となっているらしく、私も小さい頃そういう緊張を感じた記憶があるので、もう少し強くなるまではしばし仕方なしと思うことにしました。

目の前の成長は言葉を覚えたり、歌を歌えたり、速く走れるようになったり・・・と色々あるのですが、最近垣間見る彼女の成長は悪知恵がついてきていることで、自分の要求を通すために色々と作戦を練っては実践するということです。
これが良い方向で出てくれば良いのですが、大抵は悪い方向に出てくるので、そろそろ怒るようにしました。
しつけ、というとどこまでやれば良いのか正直分からないし、どこまで理解が出来ているのかも分からないのだけど、それでも色々言葉で教えていかなくてはいけない段階に入りました。

そういう私と娘との関係の変化に娘も戸惑いを覚えていて愛情確認のためにおっぱいにくっつくということもあるようです。

訳も分からず我が強い、ということは無いんだけど、誤魔化そうとするのが良く分かるのでちょっと弱ったな・・・と思っています。
もう少し無邪気に、我が強いくらいのシンプルな方がかわいいんじゃないかな・・・と思います。

で、結局ガミガミ怒っていたら、それが言葉の理解を早めているらしく(笑)、再び昨日から気まぐれでパンツを導入してみたら、大も小も普通にトイレでしてくれました。

リビングから玄関までの廊下を全速力で何往復も走っているので、「もしや?」と思って「トイレ行く?
」と誘ったら見事に達成(笑)

補助便座無しで普通にお座りしてしてくれました。

まだ外出先でオムツ無しは勇気がありませんが、家ではパンツ生活をさせてみようと思います。

テーマ:女の子育児 - ジャンル:育児

【2009/10/15】  この記事のURL | 子育て | CM(0) | TB(0) | ▲ top
誤解?余裕育児
最近よくママ友さんたちから言われるのは私が「余裕で育児をしている。」ということです。
確かに前回のブログの文章を読んでも余裕そうに感じる方もいるかもしれません・・・、

でも、実際は全く余裕がありません(涙)

体力が全くもたないのです。
いつもクラクラしているし、血糖値が下がっているのが自分でも分かります。
ただ、多分仕事をしている時よりも体力はついたと思うのです。
だけど追いつかないんです。

で、血糖値が常に低い状態だと、不意な質問に答えられなかったりします。
「ソノサトさんのお子さん食べ物の好き嫌いあります?」とか「イヤイヤ期どうしてます?」とか「何に苦労してます?」と質問されても、あるんだけどすぐに思い出せない・・・
で、「うーん。」と考えているうちに「やっぱり無いわよね~」と言われてしまうんです。
思い出すのにも体力要るんですよね。なんかのエネルギーを使っている実感があるんですよね。

最近はそのことをみんなに話していたら、
「え?そうだったの???全然気づかなかった~。」と言われまくりました。

なんか、何食べたら速攻体力つくのかしら。
鰻も効かないし、ニンニクも全然ダメ。
しかも、体力が無いとあまりパンチの効いた物が食べられないので(カレーでもたれる・・・。)、負のスパイラルに陥っているのです。

唯一一瞬誤魔化せるのがコーヒーですが、これってあんまり良いことじゃないんですよね。

こんな状態なのにうちの娘は抱っこ&かけっこでさらに私を消耗させます・・・。これって普通のことなんだとは思うけど。

あぁ、非常に困っている今日この頃なのでした。

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

【2009/10/09】  この記事のURL | 子育て | CM(0) | TB(0) | ▲ top
魔の2歳???
2歳になったばかりの娘ですが・・・
よく話すようになって会話が出来るのでほぼ相棒みたいになって来ました。

はしゃいだり、調子に乗ったりしますが、私の一喝ですっかり軌道修正されます(笑)

私が娘を観察した限りでは(笑)とにかく2歳児の育児は信頼関係がとても重要なんだと思います。

娘はきっと私のことを1番の理解者だと思っているはずです(笑)
まぁ、そうやって毎日暗示をかけているからなんですけど。

毎晩私が娘の寝顔に向かってやっていることと言えば
「何があってもママがいるから大丈夫だからね。」
「ママは世界で1番あなたが好きだから、安心してね。」
と数回つぶやくことです。
効果があるかどうか分かりませんが、この間ブレーカーが落ちて真っ暗になった時娘が
「ママがいるから大丈夫???」
と叫んだので、多分刷り込まれているのでしょう。

あと、基本的に娘が起きてから寝るまでずーっと一緒にいるので、娘の考えていることはよく分かっているし、あっちも私のことを理解し始めているようで、それが娘にはとても嬉しいようです。
「私のことを分かってくれている。」という喜びと「ママが思っていることが分かった。」という喜びです。
そういう時の娘はとても嬉しそうにしています。

そして最近、私を笑わせようと必死です。
最後の奥の手は全裸作戦で、出かける前に「靴はいてきてー」と言うと、1度玄関に行った後、全裸で走って戻って来ます。
もちろん満面の笑みです。

という訳で、ママがなぜ怒っているかは理解出来ている模様でそれなりに反省しています。

このコミュニケーションの充実(?)が良い効果をもたらしているのか、いわゆる訳の分からない「イヤイヤ病」はありません。

わざと私を困らせて喜ぶことはあっても、ヒステリックにイヤイヤと言うことはありません。
但し、わざと困らせられたら、やはりこっちはイラっとしますが。

そのうち反抗期が来るんだろうけど、そういう時はどう対応しようか、今から作戦を考えるのもちょっと楽しい時間ではあります。

あと、最近の嬉しいこととしては、外食のご飯よりも私のご飯が好きだ!と言ってくれること。
「今日のランチは外食してみようか。」と言ったら「えー。ママのお弁当さんがいいんですよぉ。」と真顔で言ってくれました。
時々、デパートの屋上や公園などでお弁当ランチをしているのです。
「ママのお弁当好きなの?」と聞いたら「うん。好きですよー。」と娘。
だけど、一瞬考えてしまうのが「もしかして、これは煽てているのか???」。
まぁ、そうだったとしても、まぁ良しとしようと思ったのでした。

テーマ:女の子育児 - ジャンル:育児

【2009/10/02】  この記事のURL | 子育て | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上野動物園
本日、娘を初めて動物園に連れて行きました。
記念すべき1st動物園はやはり上野動物園。

私も小さい頃に1度行ったきりで全く覚えていないので、ほぼ初めてであります。

しかし、動物園に入る前から娘の興奮は始まりました。
上野動物園は駐車場が無いので地下鉄で行ったのですが・・・電車を見て大興奮。
地下鉄なので窓の外の風景はコンクリートのグレーなのですが、それでも電車の速さを実感出来るらしく、外を見ながら「はやいねー。」を連発してました。

上野駅で降りるとすかさず大声で「ばいばーい。いってらっしゃーい!」と手を振りながら電車をお見送り。
車掌さんは恥ずかしそうに手を振ってくれました。

という訳で早くもハイテンションの娘を何とかベビーカーに乗せ動物園を目指したのですが、
やはり地下鉄のエレベーターは不便でがっかり。
駅の僻地みたいな所にあるので、ものすごく歩くのです。
中は暖房みたいな蒸し暑さだし。
大きな駅はもっとエレベーターの数を増やして欲しいと思いました。

さて、えっちら、おっちら歩きながら上野動物園の入り口に辿り着いたのですが、地図を見て気が遠くなりました。
だってすごく広いんだもの。
東と西に分かれているし。
娘が大好きなゾウとキリンが東の端と西の端にいるし。

ところが、実際に入ってみると割とコンパクトで、大体2時間で全ての動物をじっくり見ることが出来ました。

まず鳥を見たり、レッサーパンダを見たりしながらいきなりゾウが早々に登場しました。
で、娘は興奮して「ぞうさん」を熱唱し「パオーン!」と言いながら腕を振ってました。
「ぞうさーん!こっちおいで!おいで~!」と何度も呼びましたが・・・みんなお客さんの方にお尻を向けたままでした(笑)

この蒸し暑さではどの動物も動く気ゼロということで、全体的にゆっくり、まったりしてました。
ゴリラもお尻向けて寝てるし、トラも同じ所を行ったり来たり、ライオンもぐてーっとしてました。
意外にも白クマやペンギンは野外で活発に動いていていました。

という訳で、娘の反応は水族館に比べるとイマイチでした。
やはり2歳児は小さくて、カラフルで、よく動く生き物の方に惹かれるみたいです。
水族館は涼しいし。
フラミンゴなんかもよく動いていましたが、自分より大きい動物が活発に動いているのを見るのは怖いみたいでした。

と言う感じで2時間を満喫した後、不忍池の周りを通って上野広小路から電車に乗ったのですが・・・不忍池の白鳥のボートがまた娘の心を捉えたらしく「あれ、乗ろうか~。乗りたいなぁ~。」と何度も言われたのですが、次回に、と言うことで切り抜けました。
この蒸し暑い中出口から池まで抱っこして歩いたので、ボートを漕ぐ気力がありませんでした(笑)

ということで、上野動物園はこじんまりしていて、おなじみの動物が沢山いる便利なスポットであることが分かりました。
子供用の動物園もあって、13時~14時の間に動物と触れ合うことが出来るそうですし。
周りにも自然が多いし、また娘を連れて行きたいと思っています。


DSC04275.jpg
ゾウに何を話しかけようか考える娘
DSC04283.jpg
意外と活発な白クマ
DSC04288.jpg
「ペンギンさん、おいでおいで~」






テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:育児

【2009/08/23】  この記事のURL | 子育て | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2歳になりました。
娘が2歳になりました。
本日検診に行ったところ、身長は91.3cm、体重は12.9Kgでした。
大体3歳くらいの体格なのだそうです。
誕生日1週間前くらいから徐々に言葉がクリアになって、今では受け答えが大体出来るようになって来ました。
娘の成長、というより、人間の言語の発達の過程を観察している気がして楽しんでいます。

外見は3歳でも中身は2歳になりたてなので、興味が次から次へと別の物へ移り、所かまわず走り回り、大人を困らせて喜んでいる困った娘です。
これこそ「魔の2歳」なのかと思って小児科の先生に質問したら「これは彼女の個性ですね。」と言われました・・・。
「個性だから伸ばしてあげないとね。」とか言われたけど、何をどう伸ばせば良いんでしょうか。

一緒に予防接種もして頂いたのですが、針を刺した瞬間先生をガッツリ睨み付けて「痛ったいジャン!」と怒ったのでした。
全く、困ったものです。

さてさて、誕生日当日は両家のおじいちゃん、おばあちゃんと私たちでお祝いしました。
1歳の時とは違って、自分が主役であることをしっかり認識していた娘は、前日から興奮気味でパーティー後もしばらくハイテンションでした。
DSC04219.jpg
今年もケーキを作りました。スポンジケーキにフルーツで"2"とデコレーション。ケーキの間にもベリーソースをぬってみました。
DSC04114.jpg
プレゼントは何かな・・・
DSC04218.jpg
私からのプレゼントはクマのぬいぐるみ2体。2歳だから。
娘の服で作りました。
白い方は・・・ちょっとクマに見えないけど(笑)心を込めて作りました。

これからもドタバタ育児は続きますが、娘の成長を励みに頑張ります。




テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

【2009/08/20】  この記事のURL | 子育て | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。