スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
古北生活情報 その1
最近は少々やることがあって、家にこもってPCの前に座り続けています。
DVDも日本から持ってきたバラエティ番組を観たりして・・・
この間は「めちゃイケスペシャル」での辻ちゃんの芸術的な珍回答を観て、夫婦で大笑いしました。

という訳で、あまり外にも出ないから超Japaneseな生活を送っております
唯一中国らしさを体感できるのは、週2回のお手伝いさんとのコミュニケーションや行きつけの店(?)の人たちとのコミュニケーションくらいです。
お手伝いさんがとても良い人で、ユニークなので退屈せずに助かってます。
お手伝いさんの身の上話や近況を聞くんだけど、これがすごく面白い。中国文化の一端を見ていることになってるのかな・・・
彼女の世界の中で色々なことを判断していて、その根拠がユニークなのです。
旦那に話すと大爆笑です。だから、旦那もお手伝いさんが来た日の私の報告を楽しみにしています。
この話もいつか紹介したいと思います。

こういう色々なコミュニケーションを通して私が最近実感しているのは語学ばかりは教室よりも本場での生活で上達するんじゃなかろうか、ということ。
耳が慣れてくるというのは大きいですね。筆談の回数も減りました。
ま、私の場合は専ら生活用語なのですが。

さてさて、長い前置きでございましたが、本日は古北の生活情報を少々公開。これから古北に住もうとしている人にちょっと役立つかなぁと思って。

本日はその1ということで、古北のランドマーク、家来福(カルフール)のご紹介。

家来福と言うのは、古北新区に住んでいる方であれば当たり前過ぎるぐらいに誰もが利用しているはずの大型スーパーです。
フランス系のスーパーですが、地元の商品もたくさん仕入れているし、フランスを初めとするヨーロッパや、日本の商品も取り揃えています。

ガイドブックを見ると「上海のドンキホーテ」とか例えているものもありますが、そこまで品揃えは豊富じゃなく「上海のダイエー」くらいです。
ガイドブックでは「キッチュな雑貨もある。」と説明されていますが、どうだろう・・・。そんな特別な場所じゃなくて、極普通のスーパーです。
ただ、Addidasのシャンプーとかボディーソープとか、香りが良いティッシュとか、2色使いのゴム手袋とか、極たま~に面白い商品は置いてあります。

1階はフードコートとちょっとしたお店(ヘンケルス、ラコステ、SEPHORA、スポーツ用品店)などがあり、2階が生活用品、家電、3階が食品です。
私は主に生活用品や家電を買うためにココを利用し、食品は「しんせん館」という日本人が経営しているスーパーで買います。
でも、醤油などの基本の調味料はココでも日本製のものを網羅的に揃えています。
また、資生堂の化粧品、シャンプー、リンス、ボディーソープをはじめ、整髪材なんかもあるから、こっちに来たらまずここで生活用品が揃います。
家電もパナソニックやエレクトロラクス、シャープにT-FAL、象印なんかもあって、何でもございです。
携帯もここでモトローラとかノキアのものを手に入れることができます。
唯一の欠点は、洗濯洗剤や掃除用洗剤の種類が少ないこと。
でも、これらは友誼商城(遵義南路)やパークソン(遵義路X紫雲路)、久光百貨(静安寺)などのデパートで手に入れることができます。

ということで、古北にこれから住む予定のある方は確実に利用するはずのスーパーです。

で、私が家来福で最も気に入っているお店と言えば、1階のジェラード屋さん。
値段は日本並みですが、ボリュームがあって美味しいのです☆
シングル25元(375円くらい)で写真のように3種類のアイスを選べます。
この写真はレモン、ミント、黒梅のジェラードです。
20061019204314.jpg

店員さんの1人は日本語がかなり話せます。
「かわいい~」などど盛り付けを褒めると、「じゃぁおまけしちゃうっ!」とか言って、花びらを一枚、別のジェラードで追加してくれます。
しかし、これは女子しか通用しません。男子には日本語すら話さない男性店員さんなので。

あと、フードコートも実はお薦めです。
これは賛否両論なのですが、私は「イケルぞ!」と思いました。
中華の屋台村みたいで、ここにいるだけでちょっとした「本場」感が味わえるかも。
Carri2.jpgCarri3.jpg

写真には撮れなかったのだけど、野菜や海鮮、お肉を自分で選んで串に刺して茹でると言う屋台などもあって、美味しそうでした。
下の写真は海鮮炒飯。すぐ平らげちゃった。
Carri1.jpg


とまぁ、こんな感じで。
生活しない人も古北にお寄りの際はちょこっと覗いてジェラード屋さんに行ってみてください。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/10/19】  この記事のURL | 上海 Life | CM(2) | TB(0) | ▲ top
布市場で洋服作り♪
実は先週末、布市場へ行ってきました。
陸家浜路(ルウジャバンルー)にある南外灘軽紡面料市場に行って参りました。

DSC01965.jpgDSC01966.jpg


ここではチャイナ服用のシルクをはじめ、綿、麻、ウール、カシミヤ、皮などなど、多種多様な布を取り扱っていて、雑誌の切り抜きなどを持っていくと、ほぼそれ通りに作ってくれます。
交渉次第で安くなります。だから、高級ブランドのカタログや雑誌の切り抜きを持っていくと、同じデザインで安く作れる・・・という素敵な場所なのです。
実際お店にもサンプルが飾ってあって、シャネルとかディオールとかグッチの写真が一緒についています。
私が行った時はコートや冬物のスーツが大量に飾ってありました。
DSC01967.jpgDSC01968.jpg

行ってみて驚いたのが西洋人が多いこと。
皆さん、眉間に皺を寄せながら非常に真剣に布を選んでいました。
イタリア人らしき人たちも多数いて、スーツの布売り場では、試着してる本物の(?)チョイワルたちがいました。
雑然とした布市場なのに、すごくキマッテイテ、思わずウットリ。

皆さんサンプルのコートも着こなしていて、マネキンに掛かっている状態とは見違えるカッコ良さ。つくづく、洋服はデザインも重要だけど、中身も重要なんだと実感しました。

で、私が今回お願いしたのは、ベロアのボレロ。
本当はシルクでお願いしようと思ったのですが、いい布が無かったのでベロアを選びました。
大胆にも手書きのイメージ図を持参・・・↓
DSC01981.jpg

これを見た旦那が一言。「どんなん作ろうとしてるのか、全く想像できひん。」
しかし、職人さんに見せたら一言。「可以(できるよ。)」
そして、採寸しながらこんな注文書が出来上がりました。
DSC01989.jpg


そして4日後、こんな風に出来上がりました!
DSC01985.jpg
職人さん最高!これで180元/2700円くらいでした。
ベロアはかなり上質で手触りが良いですよ。
お店の番号は1回の189番です。
1週間くらい滞在する人は是非一度行ってみて下さい。
DSC01980.jpg






テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/09/30】  この記事のURL | 上海 Life | CM(1) | TB(0) | ▲ top
我在上海做飯
いつもいつも外食日記ばかりでしたので、
自分で作っている日常ご飯もご紹介。

主に朝ご飯と晩御飯を作っているのですが、
朝はおにぎり一辺倒・・・。
具はいつも梅オカカです。
中国のコシヒカリと日本から持ち込んだファンケルの発芽玄米を混ぜたご飯を握っているのですが、やはり粘り気が足りないので、
熱々のうちに握ってます。

晩御飯はスタートが遅いので消化に良くて簡単なものを作るようにしてます。下の写真みたいな感じです。

DSC01929.jpgDSC01943.jpg

DSC01944.jpgDSC01955.jpg
スーパーは日系のスーパーやらフランス系のスーパーやらあって、
一応ほとんどの食材や調味料は網羅していますが、
やはり野菜、お肉の新鮮度などは日本には勝てず、お肉などは買って来たらすぐ冷凍して何とか保存してます。
スーパーに行くとホームシックになりますね。

最近のマイブームはトマトスープで(左下)、水や油を一切使わずコトコト煮込む健康スープです。

鶏肉 or ベーコンの油でニンニクを入れたあと、
トマト4つとブイオンと野菜を煮込んでおしまい。
野菜はにんじんとか玉ねぎとかブロッコリの芯などなど。
残飯整理にもなるし、結構作ります。
ショートパスタとか入れて食べたりします。

また、昨日麻婆豆腐を作ったのですが、豆板醤の代わりに桂林辣椒醤を入れました。これはスーパーの店員さんに「こっちの方が美味しいよ。」と言われて使ってみたのですが、確かに美味。炒めている時から良い香りがして、旦那も満足していました。
DSC01964.jpg


さて、最後に我が家のキッチンですが、こんな感じです。
DSC01963.jpg


一見良さそうなシステムキッチンですが、各所に欠陥があってかなり使いづらいです。

☆もっとも危険なガスコンロ
DSC01958.jpg

日本製のものとはガスの出力の仕方が逆なので、ひねるとすぐに大、遠ざかるにつれて小になります。つまり、消す時は小→大に戻るのだけど、この時ガスを何の調節もせずに出すことになるので、「ポンっ」とはじけるような音がします。
右側がかなり大きな音が出るので、怖くてほとんど使っていません。
しかもゴトクが中華鍋仕様なので、底が平らな鍋やフライパンはその上では安定しません・・・

☆食器乾燥&消毒器
DSC01960.jpg

洗浄機かと思いきや、乾燥と消毒しかしてくれません。
しかも、使用後は食器がなんとも言えない変な臭いになるため、もう使うのをやめました。

☆最も重宝してるのは・・・
DSC01961.jpgDSC01959.jpg

ガスコンロが実質1つしかないも同然なので、T-FALの湯沸かし器や電子レンジはかなり重宝。両方とも自分で調達しました。
炊飯器は日本から持ち込み。
これらにかなり助けてもらってます。

その他、シンクが浅い等々問題があって、ご飯を作るのも最初はかなりのエネルギーを使いましたが、日々是改善で頑張ってます。

本当なぁ、何か発想が違うんだよなぁ・・・

テーマ:我が家の晩御飯 - ジャンル:グルメ

【2006/09/04】  この記事のURL | 上海 Life | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今回は1勝2敗
お盆はじっくり日本で休んで上海に戻って来ました。
帰国前よりは少しずつ慣れてきたような気がします。

さて、先週末はランチに美味しいと評判の店に行ってみました。
先に結果を言っておくと、3軒行ってみて、1勝2敗・・・。
美味しいものはそう簡単には見つかりません。

まずは「あれ??」と首を捻ったお店の紹介から。

「翡翠酒家(フェイツイジウジア)] at 新天地
ここは飲茶もありますが、私たちは葱油麺を食べに行きました。
雑誌FIGAROがここの葱油麺を薦めていたので美味しいだろうと想像したのですが、食べてみたら「そうでもない」という結果に。
味がしっかりしていない、というか、弱々しくて中途半端な感じでどうもあまりお薦めできないですね。でも非常に混んでいて、みなさん飲茶の方を食べていたので、もしかしたら飲茶なら美味しいのかも。

写真は金牌鶏湯拉面という鶏肉とパクチーずくしの麺で、身体に優しい味ではありました。一緒に頼んだワンタンは弱々しい麺を補強する味ではありましたが・・・普通かな?
DSC01932.jpg


「住家湯包(ジアジアタンパオ)」 at 黄河路
南京東路エリアにあるこのお店はかなりローカル色が強く、テープルの上や床に箸やゴミが散らかっていて、高級志向の人には耐えられないかもしれません・・・。
名物の純蟹粉湯包を頂いたのですが、「普通かな?」と言う感じで。確かに蟹の味はよく出ているし、熱々スープもたくさん入っているけど、それほど興奮しない普通の味でした。
翡翠酒家が星2つなら住家湯包は星3つくらいかなぁ。
ただ、2人で蒸篭3つ=36個を平らげるお客さんなどもいて、好きな人はかなり好きみたい・・・。
DSC01938.jpgDSC01937.jpg

蟹粉というだけあって、オレンジ色の小龍包でした。

で、最後に星4~4.25級の美味しさを繰り広げたお店が
「小揚生煎館(シャオヤンショウジエングァン)」 at 呉江路
ここは美味しかった!
もう観光客には(特に日本人には)とても有名なお店で速水もこみちも食べてましたが、やはり美味しいものは美味しい。
熱々のスープがカリカリに焼かれた厚めの皮の中に大量に入っていて、また中の具も美味しい!
今週末も食べに行きたいくらいっ。
上海に来たら、ここは絶対外したらいけません。
そこまでの道も小さなお店や屋台が並んでいて色々な食べ物を売っていて、目も楽しめます。
無印良品のそばです。
DSC01933.jpgDSC01934.jpg
DSC01935.jpgDSC01936.jpg


最初の写真はここの店主の方なのですがカメラを向けたらニコニコした後、キリっとした表情でポーズを取ってくれました。
皮に種を詰めてる皆さんは無言でひたすら集中。
「毎日会ってるはずなのに何でそんなに話すことあるの?」と言うぐらい四六時中話している上海人ばかりに会ってきたので、その真剣な姿を見て「なるほど、美味しい訳だ。」と納得しました。

ちなみに、この3軒、1日で食べに行った訳ではありません。
ちゃんと2日に分けて食べに行きました。
上海は歩こうと思えば結構歩くので、すぐ消費しちゃう・・・はず。

今週末はどこに行こうかなぁ・・・と旦那と相談中です。



テーマ:くいしんぼ情報! - ジャンル:グルメ

【2006/08/31】  この記事のURL | 上海 Life | CM(1) | TB(0) | ▲ top
水晶で運気上昇?
上海の女の子の間で恋愛運を上昇させるためにピンクの水晶をつけるのが流行っているという話を小耳に挟んだので、私も水晶を探してみることにしました。

今回行ったのは、先週号のHanakoで紹介していた瑞金一路130号にある「晶!号」というお店です。
DSC01879.jpg
中に入るとかわいらしい女性の店員さんが3人いてかなり好印象。
片言の英語と中国語しか話せないのだけど、水晶の種類とその効能の一覧を見せてくれて、色々とアドバイスをしてくれます。
DSC01925.jpg
で、私は紫色の招福水晶と緑色の美好・富足水晶を選びました。
2つで216元。
紫色の方は能力を伸ばしたり、情緒を安定させたり、不眠を解消してくれるそうな。
緑色の方は健康、美人、裕福になれるとのこと。
私が「あーでもない、こーでもない」と悩んでいたら、
お店の子がその2つを選んでくれました。
キレイな色でどんな洋服にも合いそう。

買った水晶を私に渡す前に、
水晶の原石の中にしばらくの間入れてパワーを注入してくれました。
中から取り出す時はピンセットを使って、
他の人のマイナスの気が入らないようにするそうです。

さて、ご利益(?)あるのかな・・・

豫園にも安い石をたくさん売っているらしいので、
次回はそちらに行ってみます。

DSC01880.jpgDSC01881.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/08/10】  この記事のURL | 上海 Life | CM(1) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。