スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
乳児湿疹
明けましておめでごうございます
今年はもう少し頻繁にアップデートして行こうと思っております。

さて、娘は2カ月ごろから乳児湿疹が始まりました。
最初はニキビみたいな脂漏性湿疹でしたが、すぐに赤ぎれみたいな皮が剥けてパサパサとなる湿疹が出ました。
とにかくかゆそう。

最初は靴下を手に履かせてみたりしましたが、すぐに取れてしまい真っ赤っかになりました。

ネットで調べても話は様々で訳も分からず、いよいよ小児科に連れて行ったのですが・・・
1年経ってみないと何とも言えないから取りあえずひどくなったら軽いステロイド剤を・・・と処方されたのでした。

ひゃーステロイド!?と知識も無いのに戸惑う私。
とは言えすぐに塗ってみるとあっと言う間に消えて綺麗なお肌に戻りました。
でもよーく見てみると何だか紫っぽい跡があるような・・・

言われた通り何日か塗って、そして徐々にやめてみたら・・・また徐々に戻って来たのです、湿疹が!
しかも前より酷い気もする。

いてもたってもいられません。
「このままずっと薬を塗り続けるの!?」
「やっぱり薬じゃ治らないじゃない!」

それはそうなんです。
だってその湿疹の原因を退治した訳じゃないのです。
ステロイドで症状を抑えただけなのです。

原因は何なのか。
ネットを調べて1番最初に思い当たったのは食物アレルギーでした。
そこで母乳から何も出ないように、私がマクロビオテック的な、ヴィーガン級の食生活を始めました。
でも全然改善されません。

ステロイド剤無しで治すと言う皮膚科を調べて受診したこともありました。
先生はこれは脂の異常分泌だからと言って亜鉛華軟膏を処方してくれたのですが、一夜にしてビックリするほど真っ赤っかに腫れあがりました。

すぐに再受診したら今度は薬草を処方され、土鍋を買って煮出してお風呂に入れたりしました。
でも全然治りません。

その時の写真を先生に見せるために撮りました。
Skin2Skin3

先生は困惑するばかり。
やさしい先生でしたが、再受診を諦めました。

そして近くの大学病院の小児外来を受診しました。
すると先生は「とびひ」と診断、再び亜鉛華軟膏を処方されそうになりました。
私は今までの経緯を説明しました。写真も見せました。
でも、その先生は分からないのを誤魔化すために逆ギレするばかり。
要するに面倒な症状の子だからさっさと他に回したいのだと解釈しました。

そこに救世主が現れました。
看護師さんです。
診察室を出た後私を追いかけて来て教えて下さったのです。
「J大に小児アレルギー科があるので、そこを受診してみて下さい。K先生と言う良い先生がいます。」
その足で先生に会いに行きました。
そしてあっと言う間に解決して下さったのです。

「お子さんは極度の乾燥肌です。」

!!!!

私の中でピカっとイナズマが走りました!
思い当たるふしがあったのです。
主人の母が極度の乾燥肌で市販の石鹸を使うと真赤に腫れて皮がむけてしまうのです。
食器も石鹸でヤシの実の洗剤です。

似たんだぁ・・・。

たったそれだけのことだったんだ。

亜鉛華軟膏は油分や水分を取り除いて乾燥させるお薬でした。
逆効果だったのです。
原因が分かってホッとしたあの瞬間のあの診察室の風景は忘れられません。

腫れあがったお肌を鎮めるのにはステロイド剤が必要なものの、基本はヒルロイドローションと言う保湿剤を塗れば良いと言うことでした。
ステロイド剤はアルメタ軟膏とヒルロイドソフトの混合剤です。
そこからはあっと言う間に治りました。
とにかく初回は毎週受診し、その度にお薬を調整してもらい、最終的にはヒルロイドローションだけを処方してもらうことになりました。

普通の乾燥肌ならワセリンを塗って徐々に症状は回復するのですが、
極度の乾燥肌だったために、市販のベビーソープでの洗浄が良くなかったらしく、ワセリンも効果が無かったのです。
短期的にはまずぬるま湯で石鹸無しで洗ってあげ、良く保湿することが指示されました。
長期的には野菜などを皮つきで食べ、よく太陽に当ててあげること、丈夫なお肌を作ってあげることが必要でした。

ものすごく長く感じた乳児湿疹との戦いも生後6カ月には終了しました。

その後7歳になった今でも、娘の肌は若干乾燥気味ですので、保湿と石鹸には気を使っています。
最初石鹸はニールズヤードのベビーソープにしていました。
ニールズヤード ベビーソープ 100g [並行輸入品]ニールズヤード ベビーソープ 100g [並行輸入品]
()
ニールズヤード

商品詳細を見る

99%オーガニックで、お肌にやさしく、髪の毛もこれで洗っていました。
私も授乳で肌が薄くなったので、一緒に使っていました。
1年、1年、娘の肌は強くなって来ました。
3歳では市販の泡石鹸でカサカサになっていたのに、4歳になったら平気になりました。

これを機に私は小児科の受診方法について考えさせられることになりました。
またその話は次回に・・・。
長々読んで頂きありがとうございました。
スポンサーサイト
【2015/01/05】  この記事のURL | 子育て | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<鼻涙管閉塞症 | メイン | 完全母乳の育児>>
トラックバック
トラックバックURL
→http://snst1208.blog44.fc2.com/tb.php/154-7ff536c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。