スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
子守唄
本日初めて娘が私の子守唄で眠りに落ちてくれました。

今までは必ず眠る直前までおっぱいにしがみついていて、
夜興奮して眠れない時は添い乳せねば眠ってくれなかった娘ですが、
今日はベッドの上に寝かせたらおとなしく微笑みながら仰向けになっており、
私が彼女の両手を握って子守唄を歌い始めたら、目がとろん、とろんとしてきてそのままZZZ。
見事(!?)おっぱい無しで眠ってくれました。

実は今まで何度か子守唄作戦を試みたのですが、毎回撃沈。
娘は大泣きして拒否していました・・・。
だから今日は本当ウソのよう!
性懲りも無く同じ唄を歌ったのに、眠ってくれたのです。

さてさて、子守唄として何を歌ったかというと・・・讃美歌であります。
何となく歌い始まったら讃美歌でした。

中・高と毎朝礼拝で歌っていただけあって、今でも1番の歌詞なら何とか複数の曲を歌えました。

あの朝の礼拝は本当眠くて讃美歌歌いながら欠伸とか出ちゃってたけど、
6年間歌っただけのことはあったなぁ・・・と我ながら感心しつつ、
他に子守唄になる曲は無かったのか?と今これを書きながら考えております。

しっかし、私の友人たちは私が薄明かりの中で娘の手を握りながらスローテンポで讃美歌を歌う姿を笑うだろうな・・・
ちなみに旦那は「先生(私のこと)、何か空から降りてきたんけ?」と薄気味悪がってます。
娘ももう少し成長したら笑っちゃって眠れなかったりして。

とにかく、本日母親としてハードルを1つ乗り越えたような喜びを感じちゃったので、
報告いたしました。



スポンサーサイト

テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/02/29】  この記事のURL | 子育て | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひとみしり
本日私の伯母が我が家に遊びに来てくれました。
以前ならわが娘は初めて会った人にハニカムような笑顔を見せていたのですが、
今回は伯母を見るなり目に涙を溜めたりして・・・。
でも、伯母がとても気になるので、私に抱っこされながらじーっと伯母の方を見つめているのです。
伯母はとても優しい顔なので、これはやはり「ひとみしり」の始まりなのだと実感。
心が成長している証拠だなぁ、と喜ばしく思ったのでした。

と言っても、数時間経てば打ち解けていつも通り「ぎゃーっ!」と大声を張り上げたり、喉を鳴らしたり、伯母の膝の上でぴょんぴょん跳ねたりと大忙しでして。
明日伯母が筋肉痛にならないかと今も心配です。

夕方お風呂にも入って一段落した後、私と娘はふたり並んで腹ばいになり、私はお料理のレシピを、娘は布の絵本を見ていたのですが、ふと娘の顔を見るとあちらもこちらを見て、ニコ~っと歯茎を出して微笑むので、何だか友だちのような気になりました。
これからもふたりでこんな時間を過ごすことになるのかしらねぇ・・・

あぁ、早く一緒にカフェに行ったり、温泉に行ったりしてみたいなぁ・・・などと夜景を見つめてしまう今日この頃なのでした。

【2008/02/26】  この記事のURL | 子育て | CM(0) | TB(0) | ▲ top
6ヶ月になったので・・・
今月の13日で6ヶ月に突入しました。
先週保健所に身長と体重を計りに行ったら70㎝、7280gでした。
母子手帳には乳児身体発育曲線という帯グラフがついていて、
月齢別の身長と体重の目安幅が示されているのですが、
うちの娘は体重が帯の真ん中で、身長は帯の上を少し超していました。

身長が月3cmずつ伸びているので、成長ホルモンは問題なく分泌されているのでしょう。
夜もぐっすり眠っているからホルモン分泌は良さそうです(笑)

また、力が強く、握力、腕力、脚力と・・・とても女の子とは思えません。
まだ加減を知らないので、その力を思いっきり私にぶつけて来て私を傷だらけにします。
特に授乳中に私のお腹や胸をリズミカルに握るので、擦り傷だらけになってしまいました(涙)

という訳で、授乳中はガラガラとかパペットを握らせているんだけど、
彼女が気に入っているガラガラは鉄アレー型のものです(笑)
DSC02697.jpg


寝返りもガンガンうって好きな所に転がって行きます。
興味がある物が置いてある場所にコロコロ転がって行くので目が離せなくなって来ました。
あと、手と足を使って方向展開したり、多少前に進むので予想外の場所にいたりします。
「何してるの!!!」と驚いて駆け寄ると、ニタ~といたずらっ子の笑顔をこちらに向けたりします。
たまに口を尖がらせて、目じりをキッと上げて得意気にしてることもあるんだけども。
DSC02671.jpg


DSC02695.jpg

写真では洋服がどちらも短く見えますが、手と身幅はピッタリなんだけど、足が足りないのです。母親似か!?

さて、精神的にも成長していて、喜怒哀楽を益々はっきりと表すようになりました。
甘えん坊で、少しひょうきんです。

旦那はそんな娘を益々かわいがって「お嫁にはやらん。」と言い張ってます。
ある時私が「そうしたら私たちがいなくなったら独りになっちゃうからかわいそう。」と言うと、
「パパが120歳まで生きてずうーっと一緒にいてあげるよ~。」
と言って仰向けになり、娘をお腹の上にうつ伏せにして乗せて抱きしめておりました。
そしたら娘はすかさず旦那の首に両手を伸ばしてギュっと掴んで・・・旦那は痛みで悶絶。
「あかん。今死んでしまう。」と絶叫(笑)
お嫁に行きたいのかな?

さてさて、そんな娘が離乳食を始めました。
最初は重湯から、と言うことで、コトコト10倍がゆを炊いてバーミックスで一気に潰したおかゆをあげたところ、自分でスプーンを掴んでするっと吸い込みました。
そんなに美味しいのか、と私も後で味見したら確かに甘くて美味しい~
一緒にいた母と何度も味見してしまいました。
DSC02694.jpg

これから野菜とかお豆腐とかどんどん加えて行くけど、恐らくうちのたくましい食いしん坊は躊躇なく食べてくれそうな気がしています。
ところで、彼女用にチタン製の「ちいたん」というスプーンを用意したのですが、
これが彼女の口のサイズにピッタリで、スムーズに出し入れできました。
お薦めです。

とまぁ、こんな感じで毎日娘の成長についていくのが大変ではありますが、
ふと感じる幸せを大切にしようと思う今日この頃なのでした。









テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/02/22】  この記事のURL | 子育て | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。