スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
豫園からPLAZA66まで・・・
先週末は静安寺(ジンアンスー)周辺と豫園(ユイユエン)周辺を散策しました。

静安寺(ジンアンスー)周辺といっても行ったのは久光百貨→そごうと恒隆廣場→PLAZA66だけで、それらが並ぶ通りである南京西路(ナンジンシールー)の他の見所にはこれから行こうと思います。

久光百貨の地下には日本の調味料やお菓子、飲み物、日用品が揃っていました。日本より高いものもあれば、安いものもあり・・・と言う感じ。
1階から上は、どちらかというと中国のデパートで、土曜日だと言うのにお客さんもあまり入っておらず、若い店員さんが所在なさげに立っていました。
旦那はAddidasやNikeの昔のモデルを扱っているお店を見つけて喜び、私はCalvin Kleinの女性モノの下着で、日本では去年扱っていたデザインでサイズが無かった商品がここには置いてあったので大喜び。値段は日本で買うのと同じくらいでした。

PLAZA66はとても綺麗なビルで、久光百貨ですら漂っていた独特の臭いが全くありません。1階はお洒落なカフェで、その他入っているお店はヴィドン、プラダ、エルメス、デォール・・・とラグジュアリーブランドばかり。
JALもここでオフィスを構えていました。
B&Oもあったんだけど、日本では見ないTVを扱っていて、上海の人は羨ましいなぁ・・・と思ってしまいました。

今はSALE時期ですが、対象製品がかなり限定的だったりして残念。旦那曰く、Dior Hommeだけは素晴らしいそうで、SALE価格になるとローマやミラノよりも安くなってるんですって
しかし、私には何の関係もない。
ちょっと驚いたのが、Chloeを扱っているセレクトショップでの、
「SALE価格40万のChloeバッグを今買うと、もれなく5万のChloeのお財布がついてくる」というサービス。そんなことされても、買いませんっ。

ここに来る地元の方々は間違いなくお金持ちのはずですが、
何だか、優雅じゃないというか・・・ 
割り込みあり、人が見ている商品を横から奪い取るっ、という感じで閉口してしまいました。
でも、店員さんもそういう人を軽蔑した目で見てるんですよね。だから「中国では当たり前」ってことでは無いんでしょうね。

さて、一転して庶民から外国人までが勢揃いの豫園にも行って参りました。
ここに来たら必須だと言われていた「南翔饅頭店(ナンシャンマンドーディエン)」に行ってきました~
DSC01859.jpgDSC01860.jpg

テイクアウトして側の橋の欄干で食べたのですが、かなり素朴な味。
皮も厚めで「これぞ、想像していた小籠包!」という感じでした。
ここのメニューは「南翔小籠包」16個8元(120円)と「蟹粉小籠包」16個15元(225円)があり、お目当ての「南翔小籠包」は売り切れだったので「蟹粉小籠包」を頂いたのですが、それでも美味。蟹の味がかなり利いていて、美味しかった~。黒酢をたっぷりかけて食べるんです。

豫園自体は1559年に出来た私庭でこんな感じ。
DSC01851.jpgDSC01857.jpg


その周りに上海老街(シャンハイラオジエ)と呼ばれる問屋街やら、小籠包のお店やら、お茶屋さんがあります。

ここはかなり庶民的で人もたくさんいて、活気がありました。

DSC01836.jpgDSC01833.jpg


例えると、浅草の仲見世とかかっぱ橋だという人がいるけれど、やっぱり一番近いのは横浜中華街なのでは・・・

他にも色々行ったけど、その話は次回に・・・
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/07/25】  この記事のURL | 上海 Life | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中国語に悪戦苦闘
上海に来て1週間。
相変わらず中国語が分からず、果たしてどうやって勉強して行こうか考え中です。

週に2回来てくれるお手伝いさんは中国語しか話せないので、
2人の会話は手振り、身振りと筆談。
写真はその筆談の模様です。
(写真をクリックすると拡大されて、字が読めます。)

DSC01826.jpg


どうやら私に身の上の話などをしてくれていたらしく、
Webの中国語辞書などで字を引きながら会話しましたが、
これだけ話すのに1時間くらい掛かってしまいました。

あっちは元気に話しているのだけど、
こっちは酸欠になりかけながら話を聞きいて、
最後はかるーく、貧血気味。
多分、分からない言葉を理解するために神経を集中し過ぎたからかもしれません。

何しろ何を言ってるかよく分からないところに、
ガンガン中国語をタタミかけるので、そのパワーにやられてしまいました。

その話を上海オフィスにいる韓国人で日本語堪能な旦那の同僚にしたところ、
「中国人はしゃべっている内容を正しくスペリング出来ないこととかありますよ。」
とのこと。

あぁ、早く中国語を分かるようになりたいっ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/07/21】  この記事のURL | 上海 Life | CM(4) | TB(0) | ▲ top
とうとう上海に
先週の土曜日から上海での生活を始めましたー

飛行機で3時間の距離とは言え、空港を降りたらそこは日本とは別世界。
噂通り、新しい高層ビルと古い低層な街並みが混在する、おもちゃ箱みたいな街です。

まだ来て4日目の上海の印象は・・・
ご飯が美味しい、人がやさしい、車が恐い、ですね。

私が住む所は古北(グーベイ)という日本人がたくさん住んでいるところで、
その地域には中華料理、日本料理、インド料理、イタリア料理、マレイシア料理、と何でもあるんですけど、到着した夜に旦那が連れて行ってくれたのが、「リンタイホー鼎泰豊(ディンタイフォン)」という中華レストランで、そこで食べた飲茶は絶品でした。

DSC01807.jpgDSC01805.jpg
DSC01804.jpgDSC01803.jpg


海老シュウマイは鶏ガラのスープに浸して食べるんです。悶絶の美味さ!
全体的にあっさりしているけどしっかり味がついていて、「あぁ、これが中華料理なのか。」と感動。

また、早速シノワ雑貨を物色しに泰康路(タイカルルー)という所に行きました。
Woeというお店とShanghai in Love というお店には安くて素敵なシルクの雑貨がたくさんあって、新天地(シンティエンディ)の有名店の半額~1/4の額で手に入れることができました。
でも、裏原宿みたいな感じでピンからキリまであるので、粘り強くチェックして掘り出し物を探し当てる労力が必要でした。

Shanghai in Loveで購入したポーチ。全てハンドメイド。
DSC01816.jpg

Woeで購入したケープ。可愛い袋に入れてくれました。
DSC01814.jpgDSC01813.jpg


Woeの店員さんがとてもやさしくて、美味しいお茶のお店を教えてくれました。
それが新天地の一茶一坐。でも、ここはAfteroon Teaをデートスポット風にした現代的なお店で雰囲気がイマイチ。今度はクラシカルなお店に行ってみようと思います。
20060718183023.jpg


まだまだ見所があるので、これからの生活が楽しみです!

☆上海の風景☆
20060718183147.jpg20060718183204.jpg

20060718183232.jpg20060718190704.jpg

20060718190810.jpg20060718184831.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/07/18】  この記事のURL | 上海 Life | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。