スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
離乳食を食べない?
娘は7カ月くらいから離乳食を始めました。

DSC02694.jpg DSC02913.jpg DSC03242.jpg DSC03228.jpg

過去の記事はコチラコチラです。

よく「離乳食をあまり食べてくれない。」と言う話を聞きます。

私の周りにも食べる子と食べない子に分かれています。

食べない子の特徴を私なりに観察して分析してみると・・・

1.お母さんがお料理好き
調理師さんやフードコーディネーターなど。

2.お母さんが、良く言えばキメ細やかできっちりしている、悪く言えば神経細やかで肩に力が入っている。

3.第1子
第1子が食べない、弟2子は食べる、と言うパターンも多い。

かと。

私が思うに、この3ケースの共通点は離乳食をあげる際、お母さんが緊張していることだと思います。


うちの娘は最初から良く食べました。
それまで授乳をたくさんして疲れていたので、
いよいよ離乳食で授乳回数が減るのだ!と離乳食を始めるのが楽しみでした。

離乳食作りが楽しい

美味しそうに平らげてくれる

次は何にしようかな


と言った具合に良い方向に向かっていました。

私が楽しめば娘も楽しめる。

その後の習い事の様子を見てもそんな気がしています。

その他に考えられることは

①しっかりとした味が好みのお母さんのお子さんは離乳食の薄味が苦手
②アデノイドなど、腫れが喉をふさいでいる。

などです。

どんな場合でも幼稚園に上がり、小学校に入れば、食べる量が増えてきますよ。

お子さんが離乳食を食べなくても自分を責めなず、人と比べず、周りの言うことを気にしないで、ケセラセラで過ごして下さい。
スポンサーサイト
【2015/01/10】  この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遅ればせながら1歳5ヶ月
もう大分前のことですが、娘が1歳5ヶ月になりました。
現在体重は大体11.8キロ・・・
身長もどんどん伸びていて・・・「街で1番背の高い赤ちゃん」とママ友たちに言われてます。
実際、洋服も2歳~3歳の子のサイズを買っています。

足腰もしっかりしていて、散歩では歩きまくり、公園では走りまくり、3時間くらい動き回っても全然疲れることはありません。ベビーカーが邪魔になってきました。

しかも、お昼寝もしないし、夜更かしだし、私の方が先にダウンします。

深夜12時に童謡を10曲以上リクエストされ、家中を手をつないで歩き回り、ベッドで飛び跳ねられるため、目の奥が痛くなります(笑)

朝は8時~9時に目覚めることが多いのですが、これから7時頃起こそうかな・・・と思っています。
ただ、あまり効果が無さそうだけど。

という訳で、産まれてから今までまだ熱も出さず、風邪も引かず、健康優良児です。
この点でもママ友たちに驚かれていて「母乳で育ててるからかねぇ。」と言われるけど、多分、本人の体質だと思います。

最近実感していることは、結局どんな風に育てても、体質や資質で決まる部分が大きいかな・・・ということ。ほとんどはDNAで決まっているんだろうなと。

ちなみに、娘は食事を美味しそうにたくさん食べるのですが、それは私のDNAに違いありません。

心や頭も大分発達して来て、何でもよく分かっているようで、それはとても嬉しいことです。
ただ、私たち両親は軽くからかわれることもしばしばあり・・・

口を尖がらしたり、ウソ泣きしたり、甘えてみたり。
私とふたりの時は素の娘ですが、誰か他にいると急にしおらしくなったり、泣いてみせたりします。

私の足首に思いっきりしりもちをついたり、首に踵落としをしたりするので、私はうずくまって痛がるのですが、私とふたりの時は全く気にせず遊んでいるのに、誰か他にいると「ママ~、ママ~」と心配そうに覗き込んだりします。
だからそんな娘がけな気に映る訳ですが・・・本当、なんでふたりっきりの時は無視なんだろ?

全く、誰のDNAなのかしら。

私たち両親の子供の頃はもう少し大人しかったし、おっとりしていたそうです。

娘の周りのお友だちも大体みんなもう少しおっとりしているので、羨ましく思ったりもします。

ただ、娘はぐずって泣くことは無いので、それは良いことかも。
不服なことがある場合は、口を尖がらせて、薄目をあけてこっちを斜め上に見上げるだけです。
これは、私の真似です。

これから話だしたらどうなるんだろう。
変なことを話されないように、生活態度を改めようと思う今日この頃でした。





テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

【2009/01/29】  この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
母乳育児歴6ヶ月少々で小爆発
私は娘を母乳で育てているのですが、それって非常に自然なことだと思うのに、現代の世の中では中々難しいことなんだなぁ・・・とつくづく感じます。
という訳で今まで着々と溜まっていた愚痴をここでひとまず吐き出しときます。

私は今回たまたま母乳が出たけれど、もし次に赤ちゃんを産む場合に必ずしも出るという訳ではないらしく、特に現代のストレス社会で食生活も乱れていたりすると中々出ないそうな。
その出産の時にたまたま何らかのストレスがかかってもダメらしいです。

逆に言うと気持ちの問題でもあるから「絶対出してやるんだっ。」という気力と努力があれば出るらしいです。
だから、特定の病気が無い限りは基本的には出るものらしいです。

アップリカから出ている内藤寿七郎先生の「育児の原理」には、赤ちゃんを3000g以上で出産しているのに母乳が全く出ないというお母さんはやる気のない怠惰なお母さんだと書いてありました。
これは言いすぎのような気がするけど、やはり逆に言えば「母乳を軌道に乗せるまでの1ヶ月くらいは大変でも諦めるな」というメッセージと受け止めました。

ただ、現代社会では(?)、例えば私たち祖母の時代と比べて母乳を出す環境は芳しくないし、そのことで悩んだり傷ついたりしているママ友も私の周りには何人もいます。

祖母の時代は母乳育児は当たり前でみんな母乳で育ててたから別に何てことは無かったけど、
私たちの時代はまず親が母乳100%育児を経験していない場合が多いし、飽食だし(笑)、小児科医はすぐにミルクを足すオプションを出したがるし、ストレス社会だし・・・って母乳を出すのも維持するのにも障害が多いです。

そもそも「別に母乳100%にこだわる必要ないじゃん。」という空気があるから、頑張って母乳を出そうとする人を「変にこだわっている人」的な扱いをする人もいるし。

私も母乳100%育児がどう娘のためになるのかははっきりと分からないし、本や雑誌で薦めているというのが大きな理由なので正直「なぜこだわるの?」と問われると明確には答えられないです。
それに「出ちゃうから。」ということもある。
でも、私にとって育児は何回もあるかもしれないけど、娘にとって乳児期は一生に1回しかない訳で、親の都合で100%を諦めるというのは申し訳ない気がしているのです。
せっかく出るんだから娘に最善のことをしてあげたい、という気持ちなんだけど・・・

ただ、私の周りはやっぱり私が「こだわっている。」と思っています。
どうしてなんだろうか・・・
だって自然なことなのに。
お祖母ちゃんはみんな母乳で育ててたけど。

母乳だから娘を預かれない、とか
母乳だから湿疹が出る、とか
いっつもおっぱいにくっついてる、とか、
母乳だから食生活が難しい、とか
色々気を遣うことがあるから、周りもつらい、とか・・・

何気ない一言が私を非常に沈ませます。
そうすると、母乳だから、私の気持ちが娘に移って湿疹が出たりするのです。

そしてまた娘は不安を感じるとおっぱいに触れていたがるので、
私が沈んでいる時は決まって何回もおっぱいにくっつきます。

でもそうやって彼女は安心するので、夜泣きは一切せず、性格も恐らく明るい子に育ってます。
人見知りの内弁慶だけども。

振り返ると「頑張りましたね。」と褒めてくれたのは3・4ヶ月検診の検診医だった聖路加の先生と旦那だけでして・・・

悪いことしている訳じゃないのに、
「母乳だからねぇ。」と言われると、本当がっかりするのです。

乳腺炎とか母乳不足とか、そういう悩みは味わってないけど、
何だか変わったことをしている人みたいに扱われていてへこみます。

とは言え、いつも私の育児を大絶賛してくれる旦那がいることをありがたく思いつつ、
しかし、もう少し早く帰って来てほしいなぁと思う今日この頃なのでした。

あぁ、少しすっきりした。




テーマ:子育て - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/03/02】  この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。